所得証明書不要の消費者金融一覧@即時融資可能な会社はここ

Just another WordPress site

rainbow

カードローンの審査が厳しい理由

じつは、クレジットカードにも、カードローンを付けることができるものもあります。この場合はクレジットのキャッシング枠を単純に増額するのではなく、別途カードローンを発行するというものです。この場合は、クレジットカードの入会審査とはまた別にカードローンの審査があり、クレジットカード本体の審査より、やや厳しい審査が行われます。しかしクレジットカードの審査もカードローンの審査も、個人の信用情報と属性がみられるわけですから、審査上、チェックされる項目は大きく変わるものではありません。カードローンの増額を考えているなら一度;りそな銀行増額指南【初めて増額でもこれを見れば安心】を見ておくといいです。

しかしクレジットカードは基本的にショッピングクレジットが中心です。そして、あるブランドバッグをクレジットで購入した場合、完済するまでは、クレジット会社に商品の所有権が存在しますので、クレジット会社が会員の肩代わりをして代金を加盟店に支払った分は、100%ではないにしろ、一部は担保されていることになります。そのため、クレジットカードの審査は案外緩やかなのです。でも肩代わりしているものが商品ではなくお金の場合は、下手すると貸し倒れするリスクもでてきます。クレジットと違い、カードローンは、個人の信用だけをもとにしてお金を貸してあげていることになります。クレジットよりもカードローンの審査がやや厳格になるのは、カードローンが完全な無担保融資であって、個人の信用度だけで借り入れ金額を設定しているからだとも言えるでしょう。

多重債務者からの借金依頼

世の中にはお金を借りて返せずににっちもさっちもいかないという方がいます。

当然、あちこちからお金を借りていて、借りたお金を借金返済にまわしていたりします。

こうなると自転車操業状態です。

そんな方から借金依頼をされることがあるかもしれません。

しかし、もし、貸したとしてもかなり高い確率でお金は戻ってこないでしょう。

初めから、返ってこなくても良いというお金以外は貸さないようにしましょう。

後から、後悔しても遅いですよ。

利用する消費者金融はしっかり選ぼう

消費者金融を利用する場合は、どの会社のサービスを利用するかを慎重に考えましょう。大きな会社であれば金利が低めですが、そこで審査に落ちてしまうという方もいます。そのような場合は中小の消費者金融を利用すると良いです。

中小の消費者金融は金利は高めですが、その分審査には通りやすいので、大手の消費者金融の審査に落ちてしまったという方でも利用できる可能性は高いのです。

もちろん消費者金融でお金を借りる場合は、返済のことをきちんと考えておくべきでしょう。特に金利が高めの場合は、返済シュミレーションなどをしっかりとしてから借りることをお勧めします。